小顔には筋肉が必要!正しく筋肉をほぐすマッサージ方法と対策

小顔には筋肉が必要!正しく筋肉をほぐすマッサージ方法と対策

顔が大きく見えてしまう原因のひとつに“顔の筋肉の衰え”があります。

特に近年はマスクで生活することにも慣れてきました。
意識する機会も減り、顔の筋肉を使わずに過ごしている人も多いのではないでしょうか?

顔の筋肉は使わないとどんどん衰え、顔が大きく見えてしまう原因になります。
ただし、小顔になるためにはただ筋トレをすればいいというわけではありません。

正しい筋トレをしたり、正しい方法で筋肉をほぐす必要があります。
そこで今回は、正しい顔の筋トレと筋肉をほぐすマッサージ方法や対策をまとめていきます。

「なんだか自分の顔が大きくなってきた気がする…」
「最近顔がたるんできてしまった…」

そんな人はぜひチェックしてみてください!

こんな癖はない?小顔から遠のく筋肉衰えの癖3つと対策方法

顔の筋肉を衰えさせてしまうのには、日常の癖が原因になっていることがあります。
日頃の癖は自分でもなかなか気づけないもの。

下記の癖をチェックして自分の習慣を見直してみましょう。

①気付くと口が開いている!口呼吸

何かに集中しているときや日常生活を送っているとき、気付くと口が開いているという人は要注意。
特に口呼吸が癖になっている人は、知らぬ間に口を開けてしまいがちです。

自然と口を開けてしまう口呼吸は、口元の筋肉を使わないため、顔の筋肉をどんどん衰えさせます。
特に顔のたるみの原因となるので、口呼吸が癖になっている人は意識して鼻呼吸に切り替えるようにしてみましょう。

②口を動かさない!会話や噛む回数が少ない

会話をすることや食事の際に噛むこと。

一般的な生活を送っていれば当たり前に行うものです。
しかし、回数が圧倒的に少なく口を動かす機会があまりないという方は要注意。

口は動かさないと筋肉が未発達のままで衰え、顔を大きく見せてしまう原因になります。
意識して口を動かす機会を増やすことを心掛けてみましょう。

③姿勢が悪い!PCやスマホを使う時間が長い

顔の大きさにはあまり関係ないように思える姿勢。
しかし、実は姿勢は顔の筋肉と大きく関係しており、猫背などの悪い姿勢は嚙み合わせに悪影響を与えます。

特に日頃からPC作業やスマホを見る時間が長い人は要注意。
同じ姿勢を長時間続けると、嚙み合わせが悪くなり、顔の筋肉が衰えやすくなります。

腹筋を使いながら背筋を伸ばす、一度立ってストレッチをする…。
など、1時間に一度は姿勢を正すなど工夫をしてみましょう。

筋肉を正しくほぐす!顔痩せマッサージのやり方

上記の癖を改善しながら、顔の筋肉をほぐすマッサージも一緒に取り入れていくとさらに効果が表れます。
小顔になるためには、ただ筋肉をつけるのではなく、“正しく”筋肉をつける・ほぐすのが重要です。

ぜひ下記で紹介する顔痩せマッサージのやり方を参考にしてみてください。

頬の筋肉をほぐす小顔マッサージ

頬の筋肉をほぐし、最後に舌回しのストレッチを取り入れることで小顔に導くマッサージ。
必ず手を洗ってから行いましょう。

お風呂の中での実践もおすすめです。

【やり方】
①親指と人差し指で頬を挟み、上下に揺らすように30秒間ほぐす。

ほうれい線の延長線上にある“モダイオラス”が凝り固まると顔がむくみやすくなります。
この部分をしっかりほぐすようにしましょう。
反対側も同様に。

②親指と人差し指で咬筋をゆらゆらマッサージ。

頬骨のすぐ下あたりの咬筋を上下にゆらゆら揺らしてほぐしていきます。
触ってみると硬くなっている部分がわかるので、そこはしっかり重点的に。
反対側も同様に30秒ずつほぐしていきましょう。

③口の裏側に舌を当て10周させる。

指でしっかり頬をほぐすことができたら、口を閉じて口内を舌で押し回していきます。

④舌を思い切り外に出して口周りの筋肉をストレッチ。

最後に、回して疲れた舌を思い切り口の外に出してストレッチします。
舌を出すときは、首を上に伸ばして力を入れながら行うのがポイント。
下の出し入れを計20回行いましょう。

エラと二重顎を解消する小顔マッサージ

次は特にむくみが気になる方におすすめのマッサージ方法です。
エラの張りや二重顎が気になる方は積極的にトライしてみましょう。

オイルやクリームなどを用意して行うようにしてください。

【やり方】
①人差し指の第二関節を使って顎から耳へ老廃物を流すようにほぐす。

人差し指を折り曲げ、第二関節が顎下に当たるようにします。
顎から耳のつけ根に向かって老廃物を流すように押し上げていきましょう。
軽い力でもリンパはしっかり流れるので、力を入れすぎてアザにならないように要注意。

②顎の骨の上にそりながら指で圧をかけていく。

指の腹を使って顎の上の骨(フェイスライン)をもみほぐしていきます。
顎から耳に向かって顎の骨の上に沿って軽く圧をかけ、ぐりぐりと押していきましょう。

③鎖骨を手のひらで押さえて首筋を伸ばし、フェイスラインを整える。

最後に手のひらで鎖骨を押さえ、首筋をぐーっと伸ばしていきます。
首や鎖骨の周りの老廃物を解消することで、顎のラインも引き締まりリフトアップ効果に。

リフトアップに効果的な咬筋マッサージ

咬筋が衰えると、顔が大きく見えてしまいがち。
そんな咬筋を効率よくほぐすマッサージ方法です。

【やり方】
①咬筋を親指でつまみ、上から下へとほぐす。

左側の咬筋をほぐす場合は右手の親指を、右側の咬筋をほぐす場合は左手の親指をほぐします。
咬筋に沿って親指を上から下にずらすようにほぐしていきましょう。
3か所ほどほぐし、反対側も同様に行います。

②咬筋を押さえながら、「あ」の形で口をあける。

人差し指と親指で咬筋をしっかり挟み、口を「あ」の形であけましょう。

③咬筋を押さえたまま、「ぐ」の形で口を閉じる

「あ」と口をあけたあとはそのまま「ぐ」の形で閉じましょう。
②と③の「あぐあぐ」の動きを左右それぞれ6セット繰り返します。

より小顔を目指すなら小顔コルギがおすすめ

今回紹介したセルフケアで顔の筋肉をしっかりほぐすことで、小顔を目指すことは可能です。
ただし、セルフケアでは根本的な小顔に導くのは難しいと言っていいでしょう。

もっと確実に、根本的な小顔を手に入れたいという方には、小顔コルギがおすすめです。
コルギとは、小顔施術のひとつで、従来のマッサージでは難しい顔の深部へアプローチを促していきます。

骨と皮膚の間の老廃物を流したり、凝り固まった顔の筋肉を流したりすることで小顔へ導いていく施術です。
特にセルフケアでは難しい凝り固まった筋肉をほぐすのに効果的。

即効性や持続性にも優れています。

小顔コルギは各サロンや整体院で受けることができますが、より効果の高い施術を受けたい方は、ぜひ当店「千歳の女神」にお越しください。

千歳の女神では、コルギに加えて、美容整体と小顔矯正を組み合わせたオリジナルの施術をご用意しております。
顔の筋肉をほぐす効果はもちろん、むくみ解消、コリ解消、頭蓋骨の歪み・大きさの矯正などにも幅広く効果的。

さらに今なら6,800円とリーズナブルな価格で体験を受付中!

小顔コルギ&ダイエット専門店「千歳の女神」は、愛知県西尾市と岡崎市に店舗を構えています。
気になる方はぜひ気軽にお問合せください!