脱毛中のムダ毛処理の方法は?剃るタイミングや正しいお手入れ方法を紹介

脱毛中のムダ毛処理の方法は?剃るタイミングや正しいお手入れ方法を紹介

脱毛中のムダ毛処理で悩んでいる方はいませんか?自分で処理して行くことは知っているけど「剃るタイミングが分からない」「シェービングじゃないとダメ」など、疑問を持っている人もいるでしょう。

 

脱毛中のムダ毛処理は肌トラブルの危険を軽減したり、脱毛効果を大きく左右したりする効果があります。そのため、いい加減にはできません。本記事では、脱毛中のムダ毛処理の方法を紹介しています。剃るタイミングなど正しいお手入れ方法が分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

脱毛前のムダ毛処理が必要な理由

脱毛前にムダ毛処理が必要な理由は、主に脱毛効果と安全面での影響からです。ここではなぜムダ毛処理が必要なのか解説します。

 

きちんと脱毛効果を得るため

きちんと脱毛効果を得るためには、丁寧な自己処理が欠かせません。ムダ毛が長いと熱エネルギーが分散され、せっかくの脱毛効果が弱まります。ダメージを与えたい毛根に熱エネルギーが集中できないことが理由です。とくにメラニン色素に反応する脱毛機の場合は、念入りなムダ毛処理を行いましょう。ムダ毛処理が不十分だと脱毛効果が出るまでに多めに回数が必要です。本来1回で得られるはずの脱毛効果を十分に得るためには、丁寧なムダ毛処理を心掛けましょう。

 

肌トラブルを防ぐため

丁寧なムダ毛処理は肌トラブルを防ぐ上でも重要です。ムダ毛が長いままだと、毛が肌に触れている部分にも熱エネルギーが照射されます。その結果、肌を火傷してしまう可能性があるのです。きちんと自己処理をする理由は、肌トラブルのリスクを軽減するためなので丁寧に行うようにしましょう。

 

十分な施術時間を確保するため

脱毛中のムダ毛処理は自分で行うのが一般的です。エステサロンでも自己処理がしてある前提で施術時間を確保しています。自己処理が不十分だとシェービングに施術時間を取られてしまうかもしれません。また、エステサロンによっては、自己処理ができない部位は施術をしないケースもあります。その場合でも1回分消化になるため、せっかくの施術を無駄にする可能性もあるのです。そのため、時間を無駄にしないように自己処理は自宅で入念にしておきましょう。

 

脱毛中のムダ毛処理の方法は?

岡崎市・西尾市のフェイシャルエステ千歳の女神のムダ毛処理画像

脱毛中のムダ毛処理には、電気シェーバーが最適です。カミソリでも可能ですが、肌表面の角質を取りすぎて、肌荒れを起こす危険性があります。もし、脱毛当日に肌荒れを起こしていると、熱エネルギーでもっと深刻な肌トラブルになりかねません。

 

エステサロンでは肌の状態をみて照射レベルを調節します。肌荒れしている場合は、照射レベルを下げるので、脱毛効果も減ってしまうでしょう。その点、電気シェーバーは直接肌に刃があたらないように設計されています。そのため、脱毛中のムダ毛処理は肌を傷つけない電気シェーバーを使うのがおすすめです。

 

正しいシェービング方法

初めて脱毛に通うのなら、シェービングで自己処理をしたことがない方もいるでしょう。そこで、ここでは正しいシェービング方法をまとめました。肌に負担をかけないことが大切なので、参考にしてみてください。

 

毛の流れにそってシェービングしていく

シェービングは毛の流れに沿って行うのがポイントです。ゆっくりと肌の上を滑らせる感覚で行いましょう。毛の流れに沿うように動かす理由は、肌を傷めないためです。毛の流れに逆らうと毛に刃が引っ掛かり、皮膚も引っ張るため肌に負担がかかります。肌荒れや湿疹ができるなど、肌トラブルの原因になるので注意しましょう。

 

また、明るい場所で行うこともキレイに剃るコツのひとつです。暗い場所だと細い毛や産毛が見えにくいため、剃り残しが多くなります。全身脱毛前のシェービングは広範囲になるので時間もかかりますが、丁寧に確認しながらくまなくシェービングするようにしましょう。

 

手が届きにくい部位をシェービングする方法

手が届きにくい部位のシェービングは、鏡を利用すると上手く剃れます。誰かに手伝ってもらえるとよいですが、無理なら合わせ鏡など工夫して処理しましょう。例えばV・Iラインなら、鏡を置いてしゃがみ込むとシェービングがしやすくなります。

 

ただ、どうしても手が届かない部位はエステサロンでお願いするのがおすすめです。エステサロンの中には、剃り残しや手の届かない部位を無料で対応するところもあります。とくにうなじや背中、Oラインは無料対応のエステサロンも多いので、ぜひ探してみてください。

 

脱毛前の剃るタイミングは?

岡崎市・西尾市のフェイシャルエステ千歳の女神の脱毛前処理画像

脱毛前の剃るタイミングは、1〜2日前がおすすめです。だいたい毛が2〜3㎜生えている状態が脱毛するのに最適と言われています。電気シェーバーを使用するのなら当日でも大丈夫ですが、予約直前だと時間をかけられないため、剃り残しがでる可能性もあります。そのため、脱毛前に自己処理をするタイミングは、1〜2日前がベストでしょう。

 

自己処理する際の注意点

自己処理をする際の注意点を3つまとめました。脱毛効果を上げたり、肌トラブルになったりしないために必要な知識なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

カミソリ・ワックス・毛抜き・脱毛クリームは使用しない

自己処理の方法はワックスや毛抜き、脱毛クリームなどいろいろあります。しかし、脱毛中は、シェービング以外の自己処理はおすすめできません。シェービング以外の方法で自己処理をした場合は、きちんと脱毛効果を得られなくなります。

 

とくに毛抜きやワックスはダメージを与えるはずの毛根自体を引き抜くため、絶対にやってはいけない方法です。また、脱毛クリームは薬剤でムダ毛を溶かすため、肌に負担がかかります。以上の理由から脱毛期間中は電気シェーバーでの自己処理が最適といえるでしょう。

 

お風呂でシェービングしない

お風呂は本来シェービングには不向きな環境です。入浴中は水分で肌がふやけているので、角質が傷つきやすくなっています。その状態でシェービングをすると肌は少なからずダメージを受けるものです。また、湯船には雑菌がいるため、肌が傷ついた状態で浸かると肌トラブルの原因になります。そのため、シェービングは肌のコンディションが良い状態で行うのがベストです。例えば、お風呂上りに肌が落ち着いてからなら、安全にシェービングができるでしょう。

 

シェービング後はしっかり保湿する

シェービング後は入念に保湿することも大切なポイントです。自己処理の影響で角質が取れてしまうため、放っておくと肌が乾燥します。肌が乾燥していると、ちょっとした刺激で肌トラブルになる危険性が高まります。そのため、シェービング後は低刺激のクリームやローションでしっかり保湿をしましょう。肌のコンディションが良ければ照射レベルを上げて施術できるので脱毛効果も高まります。

 

脱毛前は2~3日前に丁寧にシェービングをしよう

岡崎市・西尾市のフェイシャルエステ千歳の女神の丁寧な脱毛画像

脱毛前は2〜3日前に自己処理をするようにしましょう。自己処理方法は、電気シェーバーを使い丁寧にするのがポイントです。処理が甘いと脱毛効果が得られなかったり、肌トラブルの危険性が増したりします。とくに下記の点には十分注意が必要です。

 

  • ワックスや毛抜き、脱毛クリームは使用しない
  • 入浴中のシェービングは避ける
  • 脱毛期間中はとくに保湿を入念に行う

 

また、暗い場所では産毛や細い毛が見えず、剃り残しが多くなる可能性もあります。そのため、シェービングは明るい場所で時間をかけて行うようにしましょう。千歳の女神 西尾本店ではSHR方式による脱毛を行っています。無料相談もできるので、自己処理が苦手な人は気軽に問い合わせをしてみましょう。